弊社の製品を、通販で
お求めいただけます。


本物の味を追求し続ける川敬醸造が自信を持って作り上げた、味噌・醤油・つゆをぜひ一度ご賞味ください。

味噌屋のつぶやき - 九十三歳の書

九十三歳の書

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
kawakei 2016-8-19 9:08

ずいぶん前の事です。


尊敬し懇意にさせて頂いている、書家の木村宥昭先生がいらして、あなたが大切にしている言葉を書いてさしあげますよ、と。


だけど、どうしてその言葉を選んだのかを聞いてみないと書けないから教えてね。


と言われ、人とのふれあいの中で大変な思いや辛い思いをしても、恨んだり僻んだりすることなく、その人も幸せになって欲しいと思える自分になりたい、と伝えたところ。


そうか、そうか簡単な言葉だけど私も好きだ、と頷かれました。


それから一年程過ぎた、先日。


はい、あなたが大切にしている言葉、と渡して下さいました。


なんと、力づよく想いのこもった幸せそうな字。


金襴緞子の台紙に包まれて、立派な宝物になって私の手に渡されました。


左側の書は、「平成二十八年 ひのえさる歳 中秋(八月)十五日 卒寿又三(93歳)」  宥昭書  と書かれています。


先生との何気ない会話が「文字」となって見た瞬間の感激、また、私の気持ちを大切に受け止めて下さった先生の深い想い。


じゃあ、また逢いましょう、と去る先生をいつまでも見送りました・・・。


                     ありがとうございました。


 


 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.kawakei.co.jp/modules/d3blog/tb.php/172

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントに承認は必要ない

コメント


投稿者 スレッド
guest
投稿日時: 2017-4-27 4:05  更新日時: 2017-4-27 4:05
 Your answer lifts th
Your answer lifts the initllegence of the debate.
返信
管理用