弊社の製品を、通販で
お求めいただけます。


本物の味を追求し続ける川敬醸造が自信を持って作り上げた、味噌・醤油・つゆをぜひ一度ご賞味ください。

味噌屋のつぶやき - 草取りします。

草取りします。

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
kawakei 2018-6-22 9:01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅雨の中休み。

寒さが遠ざかったか、と思えば草木が伸びる。

綺麗なお花や美味しい野菜だけ伸びてね、という都合の良い話はない。

休日は、草取りをします。パソコン見ないで済むので目が休まります、黙々と考え事するのにちょうどいい。

来なくていいのに、愛犬「先生」も近くに行く!と騒ぐので、一緒に戯れながら同じ目線で遊びます。「先生」とすぐ近くで『会話』しながら見つめ合いながら過ごします。

癒しだなぁ~(*^-^*)

今度生まれてくる時は、草でなく生まれておいでね。

と、せっせと作業を終わらせます。が、実は草の方が私より上手(うわて)らしく、こうして種を蒔かせるそうです。( ;∀;)

 でも、いいの。

人は土に触れ、食の原点を知ることが大切なのです。

溢れかえる食事情。時代とともに変化してしまった食の在り方。

便利過ぎて、もしかしてお母さんが料理する姿を見ないで育つ子が珍しくなくなる時代がくるのではないか?

私は、3人の子供全員が、食べ物の好き嫌いない人、になってくれました。

これは、生きるための武器を与えたような気がして自慢です。

決して難しいことではなく、料理に会話を入れる事だと思います。

忙しくて買ってきた御惣菜でも、中に入っているものや、どうやって作ったんだろうね、とか。

私は専業主婦でしたので、料理を作るのを手伝わせました。そして、出来上がる前に味見させたり、誰に頂いた野菜だとか会話し、そうすると、出来上がった食卓は子供自身も製作に加わった事になり自信もつき、興味も湧く、と。

今、大学生で一人暮らししている息子は「煮干し」でダシをとるそうで、ご苦労様です。

どんな時代になっても、日本人のDNAは嘘をつけないようです。

 

 

 

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.kawakei.co.jp/modules/d3blog/tb.php/266

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントに承認は必要ない
管理用