弊社の製品を、通販で
お求めいただけます。


本物の味を追求し続ける川敬醸造が自信を持って作り上げた、味噌・醤油・つゆをぜひ一度ご賞味ください。

  • カテゴリ 日記 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

味噌屋のつぶやき - 日記カテゴリのエントリ

その後のスイカ・・・。

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
kawakei 2012-8-4 8:40

毎朝、毎朝、眺めるのが楽しみです。ちぃーさい実が、ピンポン玉ぐらいになって、卵の大きさになり、今はソフトボールぐらかなぁ~・・・。そっと、持ってみたら、重いんだわぁ。     藁を敷かなきゃ、とありそうな人に聞いたら、今は農家の方ってないんですって。で、周りの草を取ろうとしたら、ツルが草につかまって、支えられてるみたい。そうか、そうか、自然にまかせよう、あまり、おばさんがおせっかいしない方がいいのかも。   追肥もしたし。収穫の日を待ちましょう!   私の郷、栃木では畑に水蒔ってあまり見かけないなぁ、と昔を思い出していました。夕方になると、毎日、雷がなってスコールのような雨がザーッとくるのが普通。だから、かなぁ??  その雷と時雨のあとは、また太陽が出て、「いい、お湿り(おしめり)でしたねぇ、・・・。」が近所どうしの挨拶でした。そんな気候が、干瓢栽培に適してるそうです。    以上、スイカと干瓢栽培についてでした・・・(*^_^*)。

すいか栽培

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
kawakei 2012-7-24 16:08

その後、スイカの苗はどうなりましたか?の問い合わせとご心配を頂きました。はい、このように順調に伸びています。      よーく見てみると、ほらほら、ちっちゃなスイカ赤ちゃんが・・・。  期待してください!  今年はスイカ買わなくていいよ!!  いっぱいなるから。

立ち入り禁止

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
kawakei 2012-7-19 8:54

蒸されて麹菌を振られたお米は何処へ・・・。と思ったら、私は中には入れませんでした。 この中で、じっくりと時間をかけて『麹』となるようです。  昔は、女人禁制だったというのは本当かも。いわゆる、化粧品の匂いや長い髪が麹造りの邪魔をしたのかもしれません。 ここは、 「超清潔区域」です!    暑い夏は、あまり味噌造りはしません。もう造り終いとなります。     冬になったら、もっと取材したいと思います。     右写真 稲藁で保温した昔の『麹室:こうじむろ』 時の流れとともに左写真のように姿を変え「味噌」という伝統食品を造り続けています。右写真は麹室を解体する時の写真です。  馬小屋みたい、で異物混入、虫の発生などリスクがありそうですが、「麹」にとっては、のんびりと良い環境だったのかもしれませんね。

麹です。

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
kawakei 2012-7-13 16:48

工場を覗いてみました。  今日は、麹を作っていました。  まずは、お米を蒸して・・・。

綺麗ですね純白の蒸米。いい香りが漂っていました。

追って、製造工程をご紹介したいと思います。製造の邪魔にならないように。 麹製造工程は清潔区域です雑菌や異物の混入に要注意です!

今朝のお味噌汁

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
kawakei 2012-7-9 10:34

「おはようございます!」

今朝は庭で採れた茄子とみず菜、と豆腐のお味噌汁です。 味噌は『特吟醸味噌』、ついでにお椀は山中塗でございます・・・。  ダシはまじめに鰹節でとります。化学調味料は甘い?・・で、お味噌汁がくどくなる気がするのですが。  ”朝のスタート”季節を味わう一品!!   こうして考えると、味噌汁って贅沢なんですね。  ちなみに、今朝の献立は、あじの干物、ポテトサラダ(昨夜の残り)、ごはん、味噌汁、のりの佃煮、・・・など。    その後、ブロッコリーはこんなに収穫しました。豊作でした。(*^_^*)

管理用